MENU

薄毛改善の飲み薬!副作用はあるの?

薄毛改善の飲み薬といえば、プロペシアが有名ですが、副作用が懸念されています。

 

よくあるのが性欲減退です。ただ、副作用については、人によって個人差があるので、それほど気にすることはありません。
しかし、前立腺がんが見つかった場合、かなり程度が悪い状態になる危険性があります。

 

プロペシアを飲んだからといって、前立腺がんになるというわけではありませんが、服用した場合で前立腺がんが発覚した場合、重度のケースが多いということです。
薄毛改善の飲み薬には、プロペシア以外にも、フィンカー、フィンペシア、プロスカーなどがありますが、日本で処方されているのはプロペシアのみです。

 

これまでに確認されている副作用は、頭痛、腹痛、下痢、頻尿、勃起不全、性欲減退などですが、歴史の浅い医薬品ということで、これら以外にも副作用が発生する可能性はあります。
薄毛改善の飲み薬の副作用は、未知数ですが、EDになる可能性があるということは認識しておいた方がいいでしょう。

 

また、薬を飲んで発毛したとしても服用をやめれば元に戻るので、薬は一生服用し続けなければなりません。


↓厚生労働省が認めた女性専用の育毛剤!↓

ベルタ育毛剤評判