MENU

女性の薄毛治療に使われる薬はプロペシア

ベルタ育毛剤,薄毛治療,薬

薄毛治療に使われる薬は、プロペシアです。
この薬は、AGA治療薬に用いられるものです。

 

男性型脱毛症に効く薬で、男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。
脱毛や薄毛を防ぐ効果があることから注目されています。日本では、2005年から用いられています。

 

プロペシアは元々、前立腺肥大の治療薬として利用されていたものなのですが、服用した患者に毛が生える効果があったことから、育毛剤としての開発が進められました。プロペシアは、薄毛治療の唯一の飲み薬で、1日1錠の服用が原則です。増量する場合でも、1日5錠が上限で、必ず医師の指示の下、服用量は守らなければなりません。

 

ただ、薄毛治療に使われる薬といっても、プロペシアが有効なのは、男性の男性型脱毛症だけです。

 

他の脱毛症や女性に対する適応はなく、AGA以外に、プロペシアの有効性は認められていません。
気になるのが効果ですが、髪の毛が増えるというよりは、現状維持効果に近いといっていいでしょう。

 

本数が多くなるより、抜け毛の改善や、髪が細くなるのを防ぐ効果があり、薄毛を目立たなくしてくれます。

 

 

実は男性と女性では薄毛になるメカニズムが全く違うため、薄毛への対処法も全く異なります。
薄毛に悩む女性用に開発された育毛剤で最も人気があるのはベルタ育毛剤ですね。

 

ベルタ育毛剤,薄毛治療,薬

 

ベルタ育毛剤はこれまでに多くの女性専用商品を発売してきたベルタブランドから、満を持して登場した新しいタイプの育毛剤。

 

男性には全く効果はありませんが、女性の薄毛には目に見えるほどの効果を実感できます。

 

薄毛で悩んでいる女性は病院に通う前に、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?



↓厚生労働省が認めた女性専用の育毛剤!↓

ベルタ育毛剤評判