MENU

女性ホルモンと発毛の関係

女性ホルモン,発毛,関係

女性ホルモンは、発毛と関係しています。
体毛の濃い、薄い、多い、少ないは性ホルモンが大きく影響していて、体毛は男性ホルモンが大きく影響しています。

 

男性ホルモンから分泌されるテストステロンは、毛乳頭、毛乳体に発毛命令を出すことで、毛を太くする毛母細胞を増殖させます。
女性でも男性ホルモンが多いと体毛は太くなり、硬い毛が生えてきます。

 

女性で男性ホルモンが多い人は、女性ホルモンが減少している証拠です。
女性ホルモンのバランスが崩れると、薄毛になったり、発毛を阻害することになります。

 

発毛は、女性ホルモンのバランスに影響を受けていて、女性の少ない毛はホルモンを正常に戻す必要があります。
女性ホルモンの関係で髪のサイクルがおかしくなることがあるので、ホルモンは常に正常な環境に戻すよう努力しなければなりません。

 

健康な髪を取り戻すには、健康な頭皮を保つことが第一ですが、女性ホルモンのバランスを改善することで、発毛が促進される場合もあるのです。
頭皮の状態も女性ホルモンと関係しているので、ホルモンバランスを整えることは、発毛への近道と言えます。

 

頭皮の状態を正常に戻す近道は、発毛効果の高い育毛剤を使用すること。
女性の薄毛には女性のために作られた専用育毛剤をご使用下さい。



↓厚生労働省が認めた女性専用の育毛剤!↓

ベルタ育毛剤評判