MENU

女性にもAGAは存在するの?

女性にもAGAは存在するのでしょうか。

 

AGAと言えば、男性型脱毛症のことですが、実は女性にもAGAは存在します。

 

AGAは男性ホルモンが大きく影響している脱毛症なのですが、実際には女性にも起こり得ます。
女性の場合、男性のAGAと区別するため、女性男性型脱毛症と一般的に呼ばれています。

 

女性にもAGAは存在するの?│ベルタ育毛剤の口コミと評判

 

女性の薄毛の特徴は、全体的に髪が薄くなるところで、髪の毛1本1本が細くなり、コシがなくなります。
こうした現象を、びまん性脱毛といい、これは女性の薄毛独特のものです。

 

女性の場合、こうした脱毛が主なのですが、最近では、女性にもAGAが増えていて、女性の脱毛症のうち約半分はAGAといわれています。

 

女性が男性型脱毛になるのは不思議な感じがしますが、女性にも男性ホルモンはあり、更年期になると女性ホルモンの分泌が減少します。

 

そうなると男性ホルモンが優位になり、結果、AGAを発症してしまうのです。
女性ホルモンの分泌がずっと盛んに行なわれていればAGAになることはないのですが、女性ホルモンは加齢と共に減少していきます。

 

35歳前後から女性ホルモンの分泌量が次第に減少してくるので、男性ホルモンの影響により、女性にもAGAが発症します。

 

加齢以外に原因に、ストレス、過度のダイエット、生活習慣の乱れなどがあります。


↓厚生労働省が認めた女性専用の育毛剤!↓