MENU

30代で最も多い髪の悩みをランキング発表

女性,薄毛,ホルモンバランス,原因

女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われていますが、本当なのでしょうか。
これは確かにその通りで、薄毛になるのはホルモンバランスが関係しています。

 

ホルモンバランスの崩れで薄毛になることはよくあり、出産、閉経などがきっかけで薄毛になるのは、そのためです。
女性の場合、加齢や出産、閉経などで、ホルモンバランスが崩れやすくなり、そうなると男性ホルモンが優位になることから、薄毛になりやすいのです。

 

女性のヘアサイクルの乱れは、ホルモンバランスの変化が関係していて、髪が細くなったり、頭髪全体の密度が少なくなったりします。
最近では男性型脱毛症と同じように毛が抜けたりする人も多く、女子男性型脱毛症で悩んでいる女性が増えています。

 

女性ホルモンは、30代から減少し始め、40代で大きく減少します。毛髪と深い関わりがあるのが、女性ホルモンのエストロゲンです。

 

エストロゲンには、毛髪を育てて維持する働きがあるので、ホルモンバランスが崩れるとヘアサイクルに影響してしまうのです。
ホルモンバランスの乱れを整えるには、適度な運動とバランスの良い食事が大事です。

 

そして忘れてはいけないのが、シャンプーの後に発毛効果の高い育毛剤を使用するのが、薄毛の悩みを改善させる近道。
女性の薄毛には女性のために開発された育毛剤をご使用下さい。



↓厚生労働省が認めた女性専用の育毛剤!↓

ベルタ育毛剤評判